×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発表日  : 2003年 3月25日(火)
タイトル : 簡易保険契約への加入の機会拡大について


----------------------------------------------------------------------


 今般、簡易保険では、医療技術の進歩等を踏まえ、「先天性甲状腺機能低下症」や
 「フェニルケトン尿症」などの疾患にり患しているお子さまについて、加入の機会を
 拡大することといたします。


1 現 状 


  簡易保険では、現に傷病を有していないなどの「一定の健康状態」にある方を
  加入対象としておりますので、「先天性甲状腺機能低下症」や「フェニルケトン尿症」
  などの新生児マススクリーニング対象疾患にり患しているお子さまについては、
  健康状態によっては保険の加入をお断りしているところです。


2 改正内容 


  (1) 今般、関係機関のご協力をいただき、各種データ、
    治療の効果等を検討した結果
    「先天性甲状腺機能低下症」、「フェニルケトン尿症」、「ガラクトース血症」
    及び「先天性副腎過形成」については、早期に治療を開始したときには、
    症状の発現を相当程度抑制できること等の確認がとれましたので、
    平成15年4月1日から次により取り扱うことといたします。



  (2) 具体的には、次の点を踏まえ、申込時の告知内容により、健康状態に問題が
    ないことが確認できたときには、保険にご加入できることとします。
    生後1歳を経過していること
    生後早期に疾患を発見・治療を開始し、申込みの時点も治療を
    継続していること 
    合併症もなく症状が安定し、通常の生活を送っておられること
    なお、ご加入できる保険種類は、当面、加入ニーズの高い学資保険、
    育英年金付学資保険及び22歳までに満期となる養老保険に
    限らせていただきます。


3 その他 


 簡易保険は、医療技術の進歩等を踏まえて、
 今後とも加入の機会の拡大について検討をしてまいります。



    連絡先:郵政事業庁簡易保険部業務課
         (担当:今 課長補佐、岡本主査)
      電 話:03−3504−4534  FAX:03−3503−2367

--------------------------------------------------------------------------------

(参考)

         新生児マススクリーニング検査について


1 概 要  


  先天的な病気を早期発見するために、新生児(生まれてから1〜4週間の赤ちゃん)
  全員に対して、公費で行われる検査。普通、生後4〜7日に行われる。
  日本では1977年(昭和52年)から開始。


2 対象疾患 


  先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)
  フェニルケトン尿症
  ガラクトース血症
  先天性副腎過形成
  メープルシロップ尿症
  ホモシスチン尿症